2007年02月10日

危機意識に乏しい日本の既存メディア

今は閉鎖されたメルマブログ「新聞批評」で、危機意識に乏しい日本の既存メディア事情について書きました。

「老衰辿る既存メディア」(2005年03月06日)

ライブドアのホリエモンこと堀江貴文社長が、日本外国特派員協会で講演した。

ホリエモンは「ネット、メディア、金融のコングロマリット(複合企業体)を目指している」と自社の将来像を語った。

何だかよく分からないが、インターネットとテレビ、新聞を融合させて、ネット証券、ネット銀行の分野を広げていくことだろう。

日本のロイターを目指すのか、ホリエモンの鼻息は荒い。

そして「映画がテレビに追い抜かれた」とも述べ、フジテレビジョンの日枝久会長だけでなく、日本のテレビ関係者をドキリとさせることを言った。

現代で映画はテレビ、テレビはインターネットに置き換えられる。

テレビがインターネットに追い抜かれる時期に来ていると言いたかったのだ。

ホリエモンは「放送は一方通行で今後先細りする。ブランド力や多くの視聴者を持つ今のうちにIT(情報技術)事業で成功しなければ、10年後にはビジネス機会を失う。(高速大容量通信が普及した)今がチャンスで、ここ1、2年後が勝負だ」と今回のニッポン放送株の買収目的を語った。

テレビ局はインターネットにとって代わるから、今のうちに手を打たないといけないと既存メディアに警告的に教えてくれる。

だがテレビ局はそれを受け入れたくない。

だが見たくもない将来の世界を受け入れたくないと言っていては、いずれ老衰で死を待つだけとなる。

ここは脱皮して再生することを考えねば。

ところがフジテレビジョンはこれを拒絶した。

アメリカABC放送のプロデューサー、デープ・スペクター氏が、テレビ番組で過激にホリエモンを攻撃するのは、テレビがご臨終する悪夢を見たくもないからか。

テレビ、新聞の既存メディアが、このままの状態で未来が開けるのだろうか。

老化現象がすでに始まって、老衰を辿(たど)っていくことが分かっているのに、認めようともしないところに、本当の危機意識があるのか、ないのか、どうだろうと思う。
posted by 新聞批評 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。