2008年02月12日

まだ続けるの「オーラの泉」

テレビは免許制、新聞や雑誌と違って、自由に放送局が設立できるわけではない。

テレビがいい加減な番組を作って放送して、自浄作用が働かないと、いずれ総務省が首を突っ込んできて、場合によっては免許剥奪にもなりかねない。

未だ霊、占い番組を放送しているのを見ると、放送倫理番組機構(BPO)」の機能を強化したといっても、機能しているとは言いがたい。

BPOがもう当てに出来ないなら、新聞も誰もテレビを監視しておらず、もはや市民がテレビを監視する以外ない。

新聞も誰もテレビを監視しておらず、悪質な番組に、誰も何も言わないと、いずれ表現の自由、言論の自由が脅かされて、健全な民主主義が自壊する恐れがある。

フジテレビは産経、日本テレビは読売、TBSは毎日、テレビ朝日は朝日新聞、テレビ東京は日本経済新聞。

新聞とテレビは、資本関係にある。

政府はテレビの免許制を通じて、新聞を牽制、影響を及ぼしかねない。

それゆえ細木数子サンの占い番組、江原啓介サンのスピリチュアル番組を垂れ流しているテレビには、批判の目を向け、厳しく監視していく必要がある。

現実に霊感商法、ヒーリング商法の被害が拡大しているのに、テレビにその責任が全くないとは言えないだろう。

細木サンの番組はこの3月ですべて終了すると聞いているが、江原サンの「オーラの泉」は、まだ続けるつもりなのか。

スポンサー企業も、よく考えてもらいたい。

スポンサー企業も、バーゲンハンターばかりを追っかけていれば、視聴率さえ上がれば、どんな番組でもいいかもしれない。

だが、優良顧客を作り出すロイヤリティマーケティングの上では、いかがわしい番組のスポンサーを続けていれば、いずれこれまでの優良顧客は離れるし、これからならんとする優良顧客も育つはずもない。

企業イメージにとって、プラスとなるのか、その計算もしたほうがいい。
posted by 新聞批評 at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。