2009年01月01日

イスラエルのガザ攻撃とアメリカ報道機関

イスラエルによるガザ地区への空爆により、死者286人、負傷者700人という犠牲者が出た。

犠牲者の数は、日ごと増えている。


新聞報道では、イスラエルはハマスの拠点を攻撃して、犠牲となった一般市民は1割程度。

だが現地報告によるネットでは、大半が非戦闘員、民間人に対する無差別大量虐殺、ジェノサイドだという。

これが事実なら、ジュネーブ条約違反、戦争犯罪となる。

国際刑事裁判所により裁いてもらわねばなるまいが、現地の状況は日本の報道とは随分様子が違うことが、ネットでうかがえる。

日本の報道機関は、真実を伝えないが、ではアメリカの報道機関は?

実はニューヨークタイムズ(リベラル)も、ワシントンポスト(やや保守)も、ウォールストリートジャーナルも、社主はユダヤ人。

ワシントンポストのキャサリン・グラハム女史は有名。

新聞ばかりでなく、ABC、NBC、CBSの三大ネットワークも、すべてユダヤ資本。

三大ネットとの戦いに勝ち抜いてきたいCNNは、ユダヤ資本ではなく、それゆえ湾岸戦争のとき、アメリカ・メディアで唯一記者がバクダット入りできた。

ユダヤ資本のメディアで、本当に公正な報道ができるのか。

それと、イスラエルに武器援助、経済援助を行うアメリカ・ユダヤ人団体のロビー活動も、アメリカの外交政策に影響を与えている。

もっとも強硬なのが、アメリカ・シオニスト協会。

それと対決しているのが、世界ユダヤ人会議で、一番規模が大きい。

ワシントンポストの社主は、この団体の役員である。

ユダヤ人団体は、イスラエル保守系と労働系に分かれ、アメリカのユダヤ人社会は必ずしも一枚岩ではない。

まあ日本における朝鮮総連と民団とのようなものか。

アメリカで約600万人ほど、人口比でわずか5%に過ぎないユダヤ人が、大きな勢力を持つのは、アメリカの宗教右派による。

この宗教右派は、テレビ伝道師と呼ばれ、親イスラエル姿勢を強烈に打ち出した。

そもそもアメリカ建国は、プロテスタント、カルビン派により建国された。

「聖書に帰れ」をスローガンに、カルビンはユダヤ教の聖書である旧約聖書を重視した。

この宗教右派が、ブッシュ大統領を誕生させたことは有名だが、実は親イスラエルに反対した議員たちが、選挙で次々と落選させられたのも、この宗教右派の力によるものだった。

こうした状況で、果たしてアメリカが世界と協調してイスラエルを世界のルールに従わせることができるのだろうか?

そうして欲しいし、そうなければならないは山々だけど・・

追記

>なぜ、あれほどの痛みを知っている民族が、平気で他民族に野蛮で卑劣な行為ができるのだろうか。

シオニズムということでしょうね。

パレスチナの地でもあるイスラエルの地に故郷を再建して、ユダヤ教、ユダヤ・イスラエル文化の復興運動を興そうとするから、こういうことになってしまっているんでしょうね。

開催される国連安全保障理事会で、果たしてイスラエルの蛮行を抑えられるか、でしょうが、カギはアメリカ・・

イラクの大量破壊兵器はないのに、イスラエルの脅威ということでアメリカはイラク戦争を始めたんだから、イラク戦争はイスラエルの代理戦争ということを考えれば、期待薄・・

国連総会で非難決議が関の山、それでも世界世論を喚起して、とにかくイスラエルにプレッシャーをかけなければ・・

posted by 新聞批評 at 19:13| Comment(9) | TrackBack(0) | 米国メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。