2007年01月30日

明日から生活どうするの

小泉劇場は主役の小泉純一郎さんの大勝利で終わりました。

そこで、朝日新聞社説がこんなことを書きました。

閉鎖されたメルマブログ「新聞批評」より。

「明日から生活どうするの」(2005年08月16日)

2005年9月16日朝日新聞社説「軽い『変節』の罪の重さ」

「なんとも釈然としない。郵政民営化法案の否決への流れを決定づけた自民党の中曽根弘文参院議員らが一転して法案に賛成する」

社説はこれが許せないのだろうか。

衆院解散をちらつかせる小泉首相に対して「再考の府とも言われる参院の自由な審議権や独自性を無視し、侵害するものであり、二院制を形骸化させる」と激烈な言葉を浴びせた。

この覚悟はさぞ大きいに違いないと思っていた、と朝日新聞。

郵政反対派の国会議員だって自分の生活がある。

世のため、自分のために国会議員をやっているのに、落選したら明日からの生活どうするの?

そのために奥さん、家族まで駆り出して、大勢の前で土下座してまで手に入れた議員バッジ。

こうするのも、みんな自分のため、家族の生活のため。

今度の参院選挙を考えたら、党の公認もらえず、刺客送られたら、どうなるの?

郵政反対といっても、自分の生活犠牲にしてまで、貫いたら、自分も家族も秘書もその家族も路頭に迷うのではないか。

朝日新聞もそんなこと言って明日から国会議員の生活のことまで慮って社説書いてるの?
posted by 新聞批評 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32968687

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。