2007年03月30日

米国産牛肉売る米資本のスーパー西友の宣伝か

「西友、米国産牛肉の販売再開 31日から、大手スーパー初」と産経新聞が、こんなことを大きく日本の消費者に伝える。

「取り扱う牛肉は、安全性が高いとされる生後20カ月以下と証明された牛肉のうち、西友の購買担当者が管理体制や安全性を確認したカンザス州の加工工場で処理されたものに限定」と。

いかにもアメリカ産牛肉が安全であるかのように、安全、安心を謳う産経新聞。

一民間企業に過ぎない西友の宣伝を、何でまたこれほど大々的にやるの?

で、生後20カ月以下と証明された牛肉というが、日本のように全頭検査しているの?

「西友は26日、平成15年12月以来停止していた米国産牛肉の販売を、今月31日から東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城にある一部店舗で再開すると発表した。米国産牛肉の販売再開は大手スーパーでは西友が初めて。今後、消費動向を見たうえで取り扱い店舗の拡大を検討する。」

西友が何ゆえ、これほどまでに米国産牛肉を売るのか。

shionosさんのブログ「大和ごころ。ときどきその他」で、その理由が分かった。
http://ameblo.jp/shionos/entry-10029367851.html

西友は、米・ウォルマートの子会社。

米国産牛肉を販売開始した西友は、日本の大手スーパーではなく、アメリカ資本のアメリカのスーパー。

日本の大手スーパーは表向きで、中身はアメリカのスーパーだった。

そこを言わない産経新聞は、何かを隠しているの?

米国産牛肉の販売促進活動をサポートする産経新聞に危うく騙されるところだった。

★「どこかおかしい牛丼狂騒曲」(05年2月13日)
http://newspapers.seesaa.net/article/30611411.html
posted by 新聞批評 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 産経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

米国産牛肉売る米資本のスーパー
Excerpt: 西友は、米・ウォルマートの子会社。 米国産牛肉を販売開始した西友は、日本の大手スーパーではなく、アメリカ資本のアメリカのスーパー。 日本の大手スーパーは表向きで、中身はアメリカのスーパーだ..
Weblog: ブログ新聞批評
Tracked: 2007-03-31 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。