2007年04月09日

桑田真澄の虚像を作るマスコミ

そういえば、そんなことがあったのかあ。

人のうわさも四十五日、ほとんどの人が忘れてしまっていることも、当の本人はいまだしっかり覚えている。

これが事実なら、ひどい話だと思う。

マスコミから「投げる不動産屋」と、レッテルが貼られ、いつしかダーティな桑田真澄が作られた。

当人の知らないうちに、マンション1棟、別荘が3,4軒、車10台・・が、桑田本人のものになっている。

桑田投手によると、車は1台しか所有していないという。

後は知人が勝手にしたもの。

ついには借金13億円を背負って、母親のために建てた自宅からも追い出される。

4月8日、フジテレビ「新報道プレミアAスペシャル」で桑田真澄は真相を語った。

そこで見る桑田真澄の実像は、とても親孝行で、家族思いの強い好感が持てる桑田真澄だった。

ここでマスコミ報道の怖さが見て取れる。

多くの人はマスコミというフィルターを通じてしか、桑田真澄を知ることはない。

桑田真澄の実像とかけ離れた報道がされても、一般の人はそれが虚像であることは知るよしもない。

桑田は言い訳もせず、何も語らず、じっと我慢をして、耐えてきたのだろう。

39歳にして、メジャー挑戦に向け、海を渡った桑田真澄。

2イニングを0点で抑えれば、大リーグ昇格が約束されていた場面で、3塁カバーに入ったとき、右足じん帯断絶、倒れて大怪我を負った。

何としても、立ち直って、大リーガーの夢をかなえて欲しいと思う。

人生に辛いことがあるから、幸せが分かる。

こんなことを番組の最後で桑田真澄はさわやかに語った。

良質な番組にフジテレビも少しは見直した。
posted by 新聞批評 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。