2007年10月02日

朝日、読売の本当のライバルは

朝日新聞のライバルは、読売新聞。

読売新聞のライバルは、朝日新聞。

日本を代表する新聞2紙は、社論で激しく対立し、販売部数でしのぎを削る。

だが、朝日のライバルは読売ではなく、読売のライバルも朝日ではなく、本当のライバルは、ともにインターネットだった。

朝日、読売は、ともに販売部数を減らし続け、広告収入も落ち込む。

このまま何もしなければ、新聞は老衰の道をたどる。

10月1日、朝日、読売、日経の3紙がインターネットでの共同事業と販売分野の業務提携で合意した。

3社の主な記事や社説を比較、3社のニュースサイトに簡単に接続できる無料のサービスを08年初めにスタートさせるという。

既存メディアは今、ネットにおびえる。

新聞は読まなくても、ネットでほとんどの情報が得られ、新聞は将来どうしてよいのか、わからないでいたが、ここにきてようやく朝日、読売だけでなく、毎日、産経も、提携。

毎日は10月1日からオールアバウトの協力で、「毎日JP」を始めた。

一方、共同通信はヤフーへのニュース配信を打ち切り、12月から地方紙などとともに新たなサイト「47ニュース」を立ち上げるという。

新聞は情報サイトcontentsでは、他の追随を許さない申し分ない内容。

あとはEコマースサイトの融合、コミュニティサイトを加えた3C(戦略)を事業領域として、サイトに粘着性を持たせるようなポータルになれば、新聞は新たなビジネスモデルを構築することが可能。

ぜひとも、市民ブロガーに負けないジャーナリズムを追求してもらいたい。
【関連する記事】
posted by 新聞批評 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58437254

この記事へのトラックバック

のはなし
Excerpt: 伊集院光が、自身の身の回りで起きたことをコラムにした1冊。中身のネタはさすが伊集院とでも言うべき独自の視点に溢れた内容になっている。しかしながら、彼の本業であるあの軽妙にして切れ味鋭いながらもクドい喋..
Weblog: ビジネスがいっぱい
Tracked: 2007-10-05 14:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。