2008年02月04日

検証委は細木数子番組を審理しないの?

関西テレビの「発掘!あるある大事典U」の捏造問題を公表してから、1月20日で1年を迎えるという。

もう1年か、と時の経つのは早い。

この問題を機に起こった公的規制の動きに対し、NHK・民放は、第3三者機関、「放送倫理番組機構(BPO)」の機能を強化した、という。
(読売新聞2008年1月15日)

強い権限を持つ「放送倫理検証委員会」が設立され、虚偽放送と疑われる問題を審理し、見解や勧告を出す。

初の審理は、不二家報道をめぐるTBSの情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」。

で、検証委が審理したのは、この1件だけとは・・

あの細木数子サンの番組は,審理しないでいいの?

芸能人相手だろうが、公共の電波を使って、人間の尊厳を踏みにじって、味噌くそ、言いたい放題。

誰も分からない将来のことまで、断定的に予言していては、「虚偽放送」とどう違うのか?

検証委が乗り出してもよさそうだが、そうしない。

いくら権限強化でも、これでは検証委を設立しても、意味もないのでは。

テレビの自浄作用が働かないから、設立されたはずなのに、機能しなければ、やはり公権力の介入する余地を残すことを、テレビに携わる人は、よく心すべきではないのか。

視聴率さえ稼げれば、テレビは細木サンだろうが、何を放送してもいい、というわけではないだろう。

視聴率の高い番組だからといって、視聴者はすべて細木サンの番組を好意的に見ているわけではない。

番組提供のスポンサー企業にとっては、マイナスイメージになっていることも、企業は知っておいたほうがいい。

スポンサーは、どこの企業?
http://newspapers.seesaa.net/article/36411325.html

何?

☆細木数子(69)が3月をもって、レギュラー出演している『ズバリ言うわよ!』(TBS系)と『幸せって何だっけ〜カズカズの宝話〜』(フジテレビ系)を「充電」のため降板する、って?
(アメーバニュースより)
posted by 新聞批評 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フジテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83662851

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。