2008年02月10日

問われる番組の中身

「誹謗中傷や下品な表現がないか、提供番組をチェックする」
(ロート製薬)

「数字がよくても視聴者からマイナスの反応がくるような番組へのCM出稿は難しい」
(サントリー)

ロートもサントリーも、当たり前とはいえ、偉い。
(いずれも2008年2月10日付け朝日新聞より)

「接触(視聴率)の数で理解の度合いは測れない。番組の視聴質、視聴態度も重視している」
(資生堂マーケティング戦略室)

資生堂はマーケティング戦略上、ブランドマネジメントにおいて、いかに企業ブランド、商品ブランドを高めるのか、努力されているように見える。

そこが資生堂に対する消費者のブランドロイヤリティ(忠誠心、執着心)が高いゆえんでもある。

成果、評判を効率的にブランドにストックし、ブランド価値と顧客ロイヤリティを確実に高めることが、ブランドマネジメントにおいて、マーケティング戦略上、重要となるとされる。

だが、ひとたび下品な番組、いかがわしい番組のスポンサーになれば、すぐさまブランドイメージに傷がつき、消費者はじわじわとブランドスイッチ、消費者離れをきたすや知れない。

それゆえテレビも、もう視聴率さえ上げればいいというものではなく、番組の中身を考えた方がいいと思う。

特に細木数子サンの番組とか、江原啓介サンの番組のスポンサーは、よく心したほうがいい。

霊感商法やらスピリチュアル商法やらで、現実に被害者が出ているわけだから。

この番組のスポンサーも、わが社は全く関係ないとはいえない、社会的責任も少しはあるだろう。

視聴者、消費者の間に、悪評が広がれば、もうそのスポンサーの企業イメージやブランド力は落ちて、そこの商品は買わなくなることにもなりかねない。

そのためにも、下品な番組、いかがわしい番組のスポンサーは、すぐさま降りることではないのか。

細木数子サンの番組とか、江原啓介サンの番組のスポンサーは、どこ?
posted by 新聞批評 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告・マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83663138

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。