2008年02月20日

ニューヨークタイムズがリストラ

インターネットが出現して、多くの人たちがパソコンの恩恵をこうむることになって、より便利な世の中になった。

このインターネットの普及は、新たなビジネスを生み出すチャンスとなったが、同時に既存ビジネスには大きな脅威となって、ピンチを招くこととなった。

それは新聞業界とて、例外ではない。

2月16日付け朝刊に「NYタイムズ編集100人削減」と1段見出しで、小さな記事が載った。

ニューヨーク・タイムズは、アメリカのクオリティーペーパーで、伝統ある新聞社。

記事によると、編集部門には、全従業員1332人いるが、このうち約7.5%に当たる約100人を超えるを今年中に削減するという。

サブプライム住宅ローンに端を発した景気減速、それに伴う広告収入の減少などを受け、この名門新聞でさえリストラと相成った。

07年10〜12月期決算で、冬季黒字を確保したものの、売上高は前年同期比7.1%の減。

今年も来年も売上が増える見通しもないということなのか。

いまやインターネットで新聞を無料で読める時代。

この先、このままでは既存新聞に明るい展望が広がるわけでもない。

このことは日本の新聞の明日を暗示しているのかもしれない。

人事で済まされません、ね、日本の新聞・・
posted by 新聞批評 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。