2008年02月23日

権力の介入招きかねないトンデモ・サブカルチャー

物事の本質がよく分かっていない。

★月の本質は満月です。
http://rakuyen.blog72.fc2.com/blog-entry-41.html

2008年2月23日、朝日新聞be特集でのテーマは「スピリチュアル番組」で、担当は保科龍朗・記者。

スピリチュアル番組は果たして公序良俗に反するのか、beモニターに聞いたところ、害悪と答えた人は、全体では約半数と紹介する。

「単純に娯楽として楽しめればよいが、科学的に立証されていないと警告するコメントは必要」などと多数のモニターが、番組の演出方法を疑問視しており、このまま視聴率至上主義に甘えていられないとする。

スピリチュアル番組を野放しに垂れ流すことは、テレビの自浄作用が働かないと、総務省の介入を招きかねず、ひいては表現の自由、言論の自由までが脅かされて、民主主義を危うくする。

このことは、ブロガー何度も警告してきた。
http://newspapers.seesaa.net/article/82677082.html
http://newspapers.seesaa.net/article/36411325.html

それゆえ、テレビ局には、努めて健全な番組を制作する必要があるから、テレビがこのままスピリチュアル番組を検証しないまま、垂れ流していいのか。

その点を朝日新聞は鋭く深く突っ込みを入れない。

これでは過去にあった地下鉄サリン事件までに発展した、一連のオウム真理教事件の教訓が生かされていない。

オウム真理教事件は、「ノストラダムスの大予言」やら「ユダヤ陰謀論」など、まもとに相手にされない非科学的なトンデモ・サブカルチャーにより誘発された。

ジャーナリズムも、誰も、このいかがわしいトンデモ・サブカルチャーを相手にしてこなかったことが、結果として野放しにされてきて、オウム真理教事件を生み出してきた。

スピリチュアル番組は、まさしく非科学的なトンデモ・サブカルチャー。

その影響が今、霊感商法やらスピリチュアル商法やらで、被害が拡大しており、またまた何らかの大事件が起きる予兆ではないのか。

それにもかかわず、テレビ局があえて放送を続けるのなら、権力の介入を招きかねない。

朝日新聞はその点に鋭く切り込むべきではないのか。
posted by 新聞批評 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86111564

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。