2009年01月27日

たかじん委員会・村田晃嗣教授に騙されるな

日曜午後の読売テレビ「たかじん委員会」で、同志社大学の国際政治学者・村田晃嗣教授のコメントは、ひどかった。

1)イスラエルのガザ攻撃に関して、イスラエルはアラブに囲まれ、地中海に行け、とでも、とか、

2)何百発のロケットがイスラエルに打ち込まれ、2月の選挙を控え、何もしなくていいのか、とか、こんな趣旨。

ここで、お爺さんの三宅久之さんがガツンと言えば、まだこの番組も、 見どころがあるのに・・

1)村田教授は、イスラエルはアラブ諸国に囲まれていると言うが、エジプトはイスラエルに逆らわない。

サウジアラビアも、クェートも、イラクだって、あのサダムフセインがいなくなって、もはや脅威とはならない。

あとは、核をもつイランぐらい・・

2)ハマスにやられたイスラエルが何もしなくていいのか、については、京都大学の岡真理・准教授の「ガザの殺戮に「否」と言ったか」で十分説明になっている。

では今、ガザで起きていることは?

百五十万の人間を出口なしの檻に開じ込めて、空から海から陸からミサイルを砲弾を
浴びせて殺鐡する。

そんなことが、世界注視のなかで公然と、半月以上にわたり続いている・・

過去三年間、封鎖されたガザで、水も電気もガスもガソリンも、ライフラインのすべてをイスラエルにコントロールされ、かろうじて生命だけを維持するような「生かさず、殺さず」の状況に百五十万もの人間がとどめおかれてきた。

だが、私たちはそれに異議を唱えず事態を許容し、そうすることで殺人者たちにメッセージを送っていたのではないか・・

ガザは今「監獄」から「絶滅収容所」に変貌した。

「アウシュヴィッツ」「ヒロシマ}と同じく、「ガザ」は人問が人間であることの臨界を意味する言葉となってしまった・・

たとえ停戦が実現しても、封鎖と占領が続く限り、問題は解決しない。

爆撃で虫けらのように命を奪うことも、封鎖で尊厳ある生を奪うことも、人間性を顧みない点において等しい・・
 
http://arab-club.hp.infoseek.co.jp/kyotoshimbun.html
京都新聞より

岡さんは、「占領者と被占領者の暴力は対等には論じられない」とする。

そりゃそうでしょう。

そもそもイスラエルの暴力に対するパレスチナ人の自衛権行使。

「占領の暴力がなければ、被占領者は暴力を行使しない」もので、日本国憲法でも、自衛権の行使を否定するものではないし、法制局も、多くの憲法学者もそう言っているはず。

さらに岡さんは、国連総会は「イスラエルの占領は不当である」と60年も前に決議しているが、イスラエルやアメリカはこれを無視して今日に至っている、と。

この歴史を見てみたい。

イスラエルは建国からパレスチナの土地を奪い、1947年の国連総会では、56.5%をユダヤ国家、43.5%の土地をアラブ国家とした。

しかしイスラエルはその後も占領地を拡大。

国連総会は、イスラエルの不法占拠に度重なる非難決議をしてきたが、イスラエルはこれを無視してきた。

1993年9月、ワシントンでオスロ合意が調印されたが、和平は進んでおらず、その間、さらに領土拡大。

国際司法裁判所からも、イスラエル占領下にあるパレスチナにおける壁の建設は、国際法違反という勧告的意見を下された。

にもかかわず、これを無視。

大統領に選出されたアラファトは、長らくイスラエル軍による包囲・軟禁状態に置かれ、その後亡くなった。

ブッシュ政権のとき、和平へと向かわなければならないのに、イスラエルは入植をやめなかった。

壁まで作って、ガザを天井のない収容所にして、「イスラエルがガザの封鎖解除に応じなかった」ことを理由に、ハマスは停戦を拒否して、ロケット攻撃。

これにより、イスラエルによる昨年末からの今回のガザ攻撃となったが、アメリカはこれを支持。



無力の国連もなすすべがなく、ガザは国際社会から見放された。

村田教授が俗説を主張するはいいが、パレスチナ問題にどのような認識をもっているのか。



国際政治学者なんでしょう?

この番組も、もう少し見識のあるゲストを招いたらどうなの?



今朝の朝日新聞の朝刊8面には、「戦争犯罪 疑惑次々」と大きな見出しが躍る。

ガザ市民標的/市街戦で白リン弾

訴追封じへ将校隠し

海外旅行自粛を/報道に顔ぼかせ

朝日新聞はイスラエルのプロパガンダを垂れ流さず、ようやく客観報道に務めるようになってきた。

京都新聞って、素晴らしい。読売テレビも少しは見習って!
posted by 新聞批評 at 19:13| Comment(42) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

権力の介入招きかねないトンデモ・サブカルチャー

物事の本質がよく分かっていない。

★月の本質は満月です。
http://rakuyen.blog72.fc2.com/blog-entry-41.html

2008年2月23日、朝日新聞be特集でのテーマは「スピリチュアル番組」で、担当は保科龍朗・記者。

スピリチュアル番組は果たして公序良俗に反するのか、beモニターに聞いたところ、害悪と答えた人は、全体では約半数と紹介する。

「単純に娯楽として楽しめればよいが、科学的に立証されていないと警告するコメントは必要」などと多数のモニターが、番組の演出方法を疑問視しており、このまま視聴率至上主義に甘えていられないとする。

スピリチュアル番組を野放しに垂れ流すことは、テレビの自浄作用が働かないと、総務省の介入を招きかねず、ひいては表現の自由、言論の自由までが脅かされて、民主主義を危うくする。

このことは、ブロガー何度も警告してきた。
http://newspapers.seesaa.net/article/82677082.html
http://newspapers.seesaa.net/article/36411325.html

それゆえ、テレビ局には、努めて健全な番組を制作する必要があるから、テレビがこのままスピリチュアル番組を検証しないまま、垂れ流していいのか。

その点を朝日新聞は鋭く深く突っ込みを入れない。

これでは過去にあった地下鉄サリン事件までに発展した、一連のオウム真理教事件の教訓が生かされていない。

オウム真理教事件は、「ノストラダムスの大予言」やら「ユダヤ陰謀論」など、まもとに相手にされない非科学的なトンデモ・サブカルチャーにより誘発された。

ジャーナリズムも、誰も、このいかがわしいトンデモ・サブカルチャーを相手にしてこなかったことが、結果として野放しにされてきて、オウム真理教事件を生み出してきた。

スピリチュアル番組は、まさしく非科学的なトンデモ・サブカルチャー。

その影響が今、霊感商法やらスピリチュアル商法やらで、被害が拡大しており、またまた何らかの大事件が起きる予兆ではないのか。

それにもかかわず、テレビ局があえて放送を続けるのなら、権力の介入を招きかねない。

朝日新聞はその点に鋭く切り込むべきではないのか。
posted by 新聞批評 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

「直行便」が定着

「直行便」が定着(05年2月15日)について、書きました。

x  x

「直行便」が日本語 として定着してしまっているのだろうか。

2月17日、間もなく中部国際空港が開港するのに伴って、セントレア(中部国際空港の愛称)のテレビ CMに「直行便」という文字。

朝日新聞 は飛行機 で途中どこにも立ち寄らずに目的 地に行くのを「直航便」とはせず、依然「直行便」を使用する。

その一方で、朝日新聞 は「国際線の就航便」と「就航便」を使用する。

ならば、なぜ「直航便」ではないのだろう。

「言葉は生き物だから時代とともに苦手な文字が変わるのは仕方がない、という見方もあるだろう。・・それでも正しい日本語 をきちんと教える努力を続けなければならない」と述べたのは朝日新聞 の社説ではないか。
(05年2月6日「一にも二にも読み書き」)

「落書き」を「楽書き」

「遠足」を「園足」

とする間違いを社説は指摘した。

漢字、日本語 の混乱が激しくなってきた現代、前に見た「直行便」がほぼ定着している現状ならば、いずれ「楽書き」も「園足」も、日本語 として定着していくのも時間の問題かも。

「直行便」が新聞 用語に従った記載例なら、その新聞 ルール を改めなければ、漢字、日本語 の混乱に、いっそう拍車がかかるだけ。

漢字、日本語 を大切にという朝日新聞 は、漢字、日本語 を大切にしているだろうか。

「直行便」を定着させたのは、よりによって朝日新聞 ではないか。


x x


05年2月15日にメルマのブログ「新聞批評」より。

なお、メルマは05年11月末で停止されます。

posted by 新聞批評 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

中台直行便は直航便?

「直行便」と「直航便」。

どちらの漢字が正しいのか、朝日新聞は「直行便」としました。

そこで「中台直行便は直航便?」(05年1月16日)について、書きました。


「中台、直行便に合意」

5段白抜きの大きな見だしは、否応なく目にとまる。

05年1月16日、朝日新聞 朝刊の一面トップの見出しだった。

2面の「時時刻刻」には「直行チャーター便合意」と3段縦見出しがある。

これも目にとまる。

中国 と台湾 の間で、双方の航空会社がそれぞれチャーター便を直接乗り入れることで合意した。

1月29日から2月20日にかけて、北京 、上海 、広州と台北、高雄を結ぶ。

中国 機が台湾 に乗り入れるのは49年の中台分断以来、実質初のことで、途絶えていた中台間の復活に明るい展望が開けるかも。

それゆえ新聞 は一面トップにこれを持ってきた。

記事には「中台間の『三通(直接の通商、通航、通信)』のうち、直行便は最後に残された課題」とある。

記事も「直行便」とする。

記事をさらに読む。

「中台双方のそれぞれ6社が合計96便を運航する」と「運航」、「運行」とはしない。

「三通・・通商、通航、通信」と「通航」、「通行」とはしない。

いずれも「航」を用いている。

ならば直行便は、直航便とするのが日本語 としての正しい使い方ではないかと思う。

辞書を開くと、直行は「まっすぐ、よりみちをせずに、行くこと」とある。

「会場へ直行する」というように使われる。

また直航は「船や飛行機 で、途中どこにもよらずに目的 地へ行くこと」とある。

例文はなかったが、やはり見だし、記事は「直行」でなく、「直航」を使用すべきではないかと思う。

新聞 には新聞 業界で決められた日本語 のルール がある。

「直行便」は校正ミスではなく、それに従ったまで、となれば日本語 として正しくない。

ルール を改正すべきだと思う。

大学入試に一番出題される引用新聞 と自ら宣伝 しているのだから。

この日、大学入試センター試験が、全国で行われていた。


x x


05年1月16日にメルマのブログ「新聞批評」より。メルマは05年11月末で停止されます。

なお、ミクシィでNHK教育番組の漢字の先生と知り合い、尋ねたところ、この場合、「直航便」だとのことでした。
posted by 新聞批評 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

明日から生活どうするの

小泉劇場は主役の小泉純一郎さんの大勝利で終わりました。

そこで、朝日新聞社説がこんなことを書きました。

閉鎖されたメルマブログ「新聞批評」より。

「明日から生活どうするの」(2005年08月16日)

2005年9月16日朝日新聞社説「軽い『変節』の罪の重さ」

「なんとも釈然としない。郵政民営化法案の否決への流れを決定づけた自民党の中曽根弘文参院議員らが一転して法案に賛成する」

社説はこれが許せないのだろうか。

衆院解散をちらつかせる小泉首相に対して「再考の府とも言われる参院の自由な審議権や独自性を無視し、侵害するものであり、二院制を形骸化させる」と激烈な言葉を浴びせた。

この覚悟はさぞ大きいに違いないと思っていた、と朝日新聞。

郵政反対派の国会議員だって自分の生活がある。

世のため、自分のために国会議員をやっているのに、落選したら明日からの生活どうするの?

そのために奥さん、家族まで駆り出して、大勢の前で土下座してまで手に入れた議員バッジ。

こうするのも、みんな自分のため、家族の生活のため。

今度の参院選挙を考えたら、党の公認もらえず、刺客送られたら、どうなるの?

郵政反対といっても、自分の生活犠牲にしてまで、貫いたら、自分も家族も秘書もその家族も路頭に迷うのではないか。

朝日新聞もそんなこと言って明日から国会議員の生活のことまで慮って社説書いてるの?
posted by 新聞批評 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

「あほらしい」ことを願います

近未来小説「1億総国民を洗脳せよ」を即興で書いてみました。

そうしたら、誹謗のコメント。「あほらしい」ということでした。

本当に「あほらしい」ことを願います。

「1億総国民を洗脳せよ」(2005年01月21日)

2xxx年、舞台は東京。

日本に情報統制が始まった。

テレビ、新聞、雑誌、インターネットを統制しようという試み。

その目的は、1億3千万人の総国民を洗脳すること。

しかも国民が洗脳されているとは気づかずに洗脳する。

新聞、雑誌は政府への許可がいるわけではない。

その点テレビは免許事業、しかもNHKは内閣総理大臣が経営委員会を任命し、その委員会がNHKの会長を任命する。

手始めにNHK・・

そして衆議院の逓信委員会にNHKの会長を呼び出し、つるし上げにする。

こうしてNHKは政府のプパガンダと化した。

即興で近未来小説のさわりを書いてみた。

しかしこの近未来の空想世界が、この小説だけでとどまっているといえようか。

新潮社が朝日新聞を叩き、NHK側を擁護する。

インターネットの掲示板でネットユーザーが朝日新聞を誹謗、中傷して、糾弾する。

NHKは政治的圧力で番組改変がないと主張するが、番組改変したこと自体は、紛れもない事実であり、政治家の意向に沿う内容になっていることは確か。

NHKが政権党と距離感を保ち、緊張関係になければ、政府批判などできるわけがない。

批判精神のないジャーナリズムなら、政権党と一体化し、政権党の宣伝機関となることは必定。

それでなぜNHKが必要なのか?

NHKの存在理由が問われている問題であるが、同時に、放送法に抵触し、報道の自由を脅かす民主主義国家の根幹に触れる問題でもある。

それがひいては情報統制につながりかねない危険性をはらむ問題だというのは大げさだろうか?

「日本から朝日新聞がなくなれば、1億3千万人の総国民は洗脳できる」と近未来小説は最後に結ぶ。
posted by 新聞批評 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

トラックバックが1番多かったブログ

今は閉鎖されたメルマブログ「新聞批評」の中で、トラックバックが1番多かったブログは「どこかおかしい牛丼狂騒曲」(05年2月13日)でした。

内容は次の通りです。

愛知県の会社員、47歳は「牛丼 に勝るものなし。政府は早く米国産牛の輸入を解禁すべきだ」と、力を込めた、と記事はある。

自宅近くの店舗から地下鉄を転戦と新聞 は伝える。

名古屋市の高校1年生、○○絵莉佳さん(16)は、提供開始45分前に来店。

「親にも食べさせて上げたい」と牛丼 の弁当2つを下げて帰った、と記事。

親孝行なお嬢さんを持ったご両親は、さぞ幸せのことだと思う。

大阪・堺市の吉野家 第二阪和浜寺店にワゴン 車が突っ込み、店と客あわせて7人が怪我 。

損壊した店が新聞 社の取材ヘリコプターより写され、その写真 が大きく社会面を飾る。

損壊した店だろうが、それでも客は並び、壊れた店の中で客は牛丼 を食べる。

11時のオープン時に待ちきれない客が列をなし、11時丁度に店長 あいさつ。

今どきの小、中学校 でも見られない、素直に聞くお客が、あいさつ終了と同時に客が拍手して、「頂きます」。

全国の吉野家 各店で、同じような光景があったのだろう。

2月11日は米国産牛肉の安全性についての新聞 報道はなかった。

生命の大切は何よりも大切なはず。

にもかかわらず、この日はそんなことは問題にもならず、全く新聞 は触れない。

牛丼 が食べられないのは、もうこの世の終わりのような牛丼 狂騒曲を演出するマスコミはどこかおかしい。

もうそろそろ米国産の牛肉を輸入したらどうか、という解毒剤の働きをみせる新聞 の過熱した報道。

読者も少し用心して、この報道を斜めに読んだほうがいいのかも。
posted by 新聞批評 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

名誉なことで朝日新聞を訴えません

2004年08月01日に「サッカー場で反日」というブログをメルマブログで公開しました。

その2,3日後に朝日新聞の社説がこの問題を書きましたが、このブログとよく似ていました。まさかパクリはしていないと思いますが、もしそうなら、これは名誉なことで、朝日新聞を訴えたりしません。

内容は次の通りです。

アジア・カップが行われている中国・重慶のサッカー場で、地元市民の反日感情が噴出。

7月31日の準々決勝、日本対ヨルダン戦で勝利を喜ぶ日本人サポーターに罵声やゴミが投げつけられたり、「帰れ、帰れ」などの野次が飛んだという。

根底には過去をめぐる根深い反日感情の渦が。

しかし中国マスコミは「こうした『愛国』には誰も喝采(かっさい)しない」、
「行き過ぎた民族感情の中で報復の快感を味わったかもしれないが、スポーツの尊厳を損ない、本来の意義を失わせる」とたしなめた。

中国人の反日感情が、いつ中国政府への反体制に転化するやしれない。

そうしたこともあろう。

会場周辺は、日本人サポーターの保護のために、多数の武装警官が待機し、物々しい雰囲気に包まれたそうだ。

スポーツ本来の意味は、娯楽、楽しみ、潔(いさぎよ)く、さっぱり。

それを応援するファン、サポーターは、勝って喜び、負けて悔しい選手と同じ思いを共有する。

日本人が日本を応援し、中国人が中国を応援する。

勝って喜び、負けて悔しいのは、日本人も中国人も同じはず。

いつまでも日中の過去の不幸を克服できないことは、日中双方の人達にとって悲しいこと。

そこは選手がサッカーの試合し、ファン、サポーターがそれを観戦する場。

勝者をたたえ、敗者へも惜しみのない拍手を送る。

そんな観客で溢れる会場にできないものか。

4年後は北京でオリンピック!!
posted by 新聞批評 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

初めてのトラックバック

「ブログ新聞批評」で、初めてのトラックバックは、「触れなかった日本の五輪休戦拒否」でした。

トラックバックの内容は、「触れなかった日本の五輪休戦拒否」を読んだ感想でしたが、日本の国連政策に対する衝撃と失望、それを報じないマスコミに国民が何も知らされていない現実に落胆したものでした。

内容は以下の通りです。

朝日新聞社説04年8月31日「アテネの原点を北京へ」

「原点を見つめ直す良い機会になった・・まず平和の祭典と原点だ」

「イラクでは戦闘が続き、ロシアでは旅客機が爆破された・・五輪開催中の休戦の呼びかけは実らなかった」

五輪休戦の呼びかけは、国連決議で採択された。

圧倒的多数で。

世界の180カ国が、五輪休戦に賛成し、署名、休戦を呼びかけた。

しかしイラクで戦闘は続いた。

それはそうだろう。

アメリカは五輪休戦に賛成していないからだ。

五輪停戦には、アメリカを含め、世界の11カ国が同意していない。

大多数の国が五輪停戦を呼びかけても、アメリカは世界の声を無視した。

そして、この11カ国には、驚くことに日本も含まれる。

日本はアメリカの意向に沿うように、五輪休戦の署名に拒否した。

アメリカに、どこまでも従順なのであろう。

しかし問題は、朝日新聞の社説で、日本が五輪休戦に賛成しなかったことに、触れなかった点である。

世界の大多数の国による「五輪開催中の休戦の呼びかけは実らなかった」と、いわば他人事のように言っているが、肝心の日本は、その呼びかけに賛成していない。

朝日新聞は日本を代表する高級紙。

その朝日ですら、この点を触れないのは、ジャーナリズムの怠慢というほかない。
posted by 新聞批評 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。