2007年02月09日

怯える読売新聞

今は閉鎖されたメルマブログ「新聞批評」で、危機感を持つ日本の既存メディアについて書きました。

「怯える読売新聞」(2005年03月04日)

市場競争経済を金科玉条のように言ってきたのは誰だったのか。

市場原理、規制緩和、メガ・コンペティション・・

これからの時代潮流のように言われて、それを体現しようとした時代の寵児(ちょうじ)、ライブドアの堀江貴文社長が今たたかれている。

読売新聞はプロ野球再編問題で、1リーグ制を画策するものの、近鉄買収に名乗りを上げたライブドアにより頓挫したことで、敵意を見せ、ニッポン放送株を巡るフジテレビジョンとの買収合戦でも、紙面で罵(ののし)る。

読売新聞はただライブドアに面白くないだけでなく、何かに怯(おび)えているのかも。

ライブドアがとてつもなく恐ろしいことを考えている、と。

朝日新聞の購読者は比較的ポリシーを持っているから、当面さほど影響はないかも。

産経新聞の購読者もポリシーの中身が違っても、同じようにポリシーを持っているから、当面さほど影響がないかも。

中日新聞はおらが新聞。

中日新聞を購読することが名古屋人のアイデンティティー。

これまた当面影響がなかろう。

ところが読売新聞は?

ライブドアはインターネットによるウェブ新聞を始める。

全国で記者を募集し、研修費用は1日x8,000円を応募者が支払う。

ちゃっかりしている。

ネットでアクセス件数の多いニュースを紙媒体の新聞に大きく掲載する構想。

すでに韓国ではオンライン報道機関の「オーマイニュース」が、既存メディアを凌駕(りょうが)。

保守的な既存メディアは、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の当選により反体制新聞になってしまった。

これは明日の読売新聞の姿なのだろうか。

読売新聞が怯(おび)えるのはこれか。

でも他の新聞、テレビも先のことは分からない。

まもなくサイバー報道革命がやってくる。
posted by 新聞批評 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

読売らの楽天嫌がらせ

今は閉鎖されたメルマブログ「スポーツコラム」ですが、プロ野球参入問題で、ライブドアと楽天が参入で手を上げました。

オーナー会議で、楽天に決まりましたが、まずそうなることは目に見えていました。

1リーグ制を主導したのは、読売新聞、オリックスなのですから。

それで楽天が参入することになったのですが、そこで読売巨人軍らの楽天に対する嫌がらせと思われる点について、書いてみました。

「はめられた楽天」(2004年11月19日)

プロ野球ドラフト会議が変だとは気づかないのだろうか。

楽天がドラフト順位でセ・パ両リーグを通じて、最後の指名を行っていることを。

楽天の三木谷浩史・社長は、この事実をどう感じているのだろうか。

プロ野球全体を盛り上げていこうとするなら、指名順位は楽天が1番でもいいのに。

これがプロ野球界の、オーナーたちの考えだということを。

しっかりネクタイを締めて、プロ野球界を牛耳るオーナーたちの意向に沿うようにしたのにもかかわらず、楽天への態度はこれ。

近鉄、オリックスの合併に伴う、不公平な分配ドラフトも甘んじて受けた。

そのときはまだ元気があった楽天も、ここにきて、ようやく魑魅魍魎(ちみもうりょう)のプロ野球界が分かったはず。

分をわきまえろ。

たかが数年の新興のバーチャル企業。

ショッピングモールとか囃し立てているが、ただのEコマース。

出店している企業などから金を取っているだけの楽天。

出店企業が儲からなくても、楽天だけは儲かる、ただの虚業。

そんな声が聞こえてはこないか。

先のオーナーたちは憎きライブドアを潰せばそれでいい。

その目的が達成した今、もう楽天は用無し。

さあ、はめられている楽天よ。

視線はどちらを向くのか。

ファンなのか、先のオーナーたちか。

答えはすでに出ている。

ファンに向けよ。
posted by 新聞批評 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

渡辺恒雄さんと対決始まる

実は、ブロガーがライブドアを知ったのもホリエモンを知ったのも、プロ野球・近鉄球団の買収に名乗りを挙げてからでした。

ですが、ブロガーは名乗りをあげる前から、ライブドアのブログを使っていました。使っていながら、ライブドアを知りませんでした。

いかに知名度が低かったのか。

当時のライブドアのブログで、スポーツのカテゴリ(中日、巨人、合併問題など)がわずかにあるだけで、ジャーナリズムのカテゴリ(農業、中東、日中、日韓など)に至っては、ブロガーがそのほとんどを作成しました。

そのホリエモンはプロ野球関連のブログを読んで、名乗りを上げることにしたのではないのか、と今でも思っています。

この名乗りで、合併縮小を図る読売新聞の渡辺恒雄さんとホリエモンが対決することになります。

では、「高額年棒に目を向けよ」です。

プロ野球の近鉄とオリックスの合併で、問題解決になるのか?

パ・リーグ各球団の赤字体質は構造的。巨人戦がらみの莫大なテレビ放映料が入ってこない。

あれだけの観客動員数を誇るダイエーですら赤字。だとすれば企業努力は限界、もはや選手の高額年棒に目を向けるしかない。

そもそも何億円という年棒は何が基準か。球団が赤字、赤字が続けば倒産。

ならば選手が年棒引き下げに納得してもらうほかないのでは。

報道によれば、広島の嶋重宣選手は1000万円を切る年棒でも野球ができる喜びを味わっている。

また大リーグのスーパースター、リッキー・ヘンダーソン外野手は、現在も年棒400万円で独立リーグで活躍している。

甲子園を目指す高校野球の監督・球児は、全てお金を求めて野球に情熱を傾けているのだろうか。(中に入るかも)

関係者は2球団が合併した所で、足して2で割るほど単純でないことは承知では?

なぜなら高額選手はチームに残り、首切りはそうでない選手たち。監督、コーチの年棒が半分になった所で知れている。

5球団でのリーグ戦では、様々な点でひずみを生む。

いわんや将来を1リーグ制を念頭に置いているなら、セ・リーグ数チームの経営が立ち行かなくなり、さらなるプロ野球離れを引き起こす。

日本のプロ野球は大リーグ傘下の夢のない、つまらないスポーツになってしまい、制度が根底から崩壊する危険性すらあるのでは。

(04年6月18日記)
posted by 新聞批評 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

ロッテ球団が読んでいたか

2004年06月23日、今は閉鎖されたメルマブログで「逃げるな近鉄の経営者」を公開しました。

その日だったか、その翌日だったか、ロッテ球団の方が、テレビカメラに「合併では、パリーグの存続すら危ぶまれるのに、賛成。命名権では、パリーグの存続につながるのに、反対。一体どうなってるの?」というような趣旨で、話をされました。

そのとき、ブロガーのブログを読んでいるのかと思いました。「一体どうなってるの?」には、読売新聞の策略が臭っていましたが、その点は確証もないことであり、あえて触れませんでした。

「逃げるな近鉄の経営者」について、です。

近鉄、オリックスの合併問題。

オーナー会議で合併を了解したとか。

その同じオーナー会議が、近鉄の命名権では反対している。

合併では、パリーグの存続すら危ぶまれるのに、賛成。

命名権では、パリーグの存続につながるのに、反対。

一体どうなってるの?

パリーグは、本気でずっと5球団でやっていくつもりなのだろうか?

ダイエーの努力は、観客動員数、優勝回数で表れているし、年棒でも抑えようとしたが、工藤投手の問題で批判を浴び、年棒(経営)努力の方は、どうかなってしまった。

日本ハムはドーム使用料削減のため、東京から札幌へ。

球団の赤字を減らすとともに、新たなファン獲得に、未開の北海道をフランチャイズに。

球団が赤字でも、本社の企業ブランド力は高まり、広告効果は高い。

翻って、近鉄はどうか。

合併は経営の逃げ。

敗北でしか過ぎない。

球団存続こそが、唯一の道ではないか。

そのための努力をどの程度したのか。

フランチャイズを三重県とか、岡山県とか、他に移すとか、あるいは他の企業に身売りするとか。

球団は選手の年棒を下げて納得してもらえる努力をしたのだろうか。

選手のことはもちろん、それ以上に、日本の野球文化滅亡の道を歩んでいることに思いを巡らして欲しい。

日本のプロ野球を応援してます。選手の皆さん、頑張ってください。
posted by 新聞批評 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。