2009年01月10日

日本は報道自由度51位

NHKがテレビ番組を改変した問題が、第三者機関の番組向上機構(BPO)により審議されることとなった。

理由は、NHKの自立性に疑問を持たせるという意味で、放送倫理上の問題があったということ。

そりゃそうでしょう。

政治家が文句をつけて、番組を改変するなど、およそ民主主義が発達した国には、あるまじこと。

政治との距離がなくなってしまっている。

この日本のメディアがおかしいことに、日本人自身が気が付いていないかもしれない。

ドイツでは、放送受信料の決定が議会の承認を必要としたことに、憲法裁判所が議会からの独立が不十分として憲法違反と判断している。

NHKも、受信料を視聴者から取って運営されており、予算も国会の承認を必要とする。

そして人事も・・

NHKの最高意思決定機関は経営委員会。

この経営委員会は衆参両院の同意を得た後、内閣総理大臣が任命することとなっている。

NHKは議会から独立した存在になっていない。

ドイツでは、メディアに政治圧力をかけることが極力ないようなシステムにと、メディアの「表現の自由」が司法からも、保障されている。

ちなみに国境なき記者団の調査によれば、日本は報道自由度51位という。
http://www.mynewsjapan.com/reports/471

こんなにも低いとは・・

ちなみに理由は、ナショナリズムの隆盛・右傾化と記者クラブ・・

新聞・テレビがこのことを報じないわけだ。
posted by 新聞批評 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

NHKへの批判が盛り上がりました

このころネット・メディア、ブログではNHKへの批判が盛り上がりました。

受信料の支払い拒否が大きく膨らんで、経営基盤が揺らぎ始めました。

そこで、こんなことを書きました。

「NHK内部崩壊か」(2004年12月05日)

NHKは民放と違って、コマシャールがない。

スポンサーがいない。

NHKはテレビを購入した人から、受信料を徴収して、運営される。

その受信料の支払い拒否が、11月末で11万3千件にまで膨らんだ。

9月末で3万1千件、11月末で11万3千件、「紅白歌合戦」の年末までには、どのくらいまで不払いが膨らむのだろうか。

企業などの不正や身勝手な行動には、不買運動が効き目があるが、NHKの一連の不祥事には受信料の不払い運動は、これなのかも。

長年、受信料であぐらをかいてきたメディア帝国。

NHK不要論まで出かねないとも言われるが、NHKへの不信が続けば、不要論を待つまでもなく、NHKは内部から崩壊が始まる。

未収金は10億円程度。

受信料の総契約件数から見れば、たかが0.3%とたかをくくっていると・・

大きな堤防の小さな穴から、水がチョロ、チョロと漏れ始めた。

それが堤防決壊の予兆であることは、説明するまでもない。

NHKの海老沢勝二・会長は、辞任するつもりはない。

メディア帝国の帝王が何で辞めなければならないか。

こんな美味しい地位をみすみす手放すつもりなどない。

会長は信頼回復が経営責任と考えているが、ただ辞めたくないだけ。

会長は堤防決壊を防止しようとするつもりがあるのだろうか。

メディア帝国の崩壊が今始まろうとしている。
posted by 新聞批評 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

北朝鮮テレビニュースの背景が垢抜けました

朝鮮中央放送のテレビニュースで、バック背景が垢抜けています。

以前は赤いカーテンが引いてあって、みすぼらしい雰囲気でした。

次のブログが影響したのかと思っています。

「政府疑う民主主義」(2005年01月13日)

北朝鮮のテレビ局のアナウンサーが噛み付いたように話す。

後ろのみすぼらしいカーテンを背景に、マインドコントロールされたように女性アナウンサーは言葉に抑揚を付けて、強くしゃべる。

ところが1箇所だけ静かに優しく語りかけるところがある。

「偉大なる首領様」

北朝鮮は金正日がメディアを完全に操っている。

どの独裁国家もそう。

こんな国に住んでいれば、国民は洗脳されるか、おかしいと感じれば黙って従うか、国を逃げ出すしかない。

民主主義は政府を疑っている制度だと思う。

国民の権利侵害を平気でするのが、時の権力者。

そうした勝手気ままな為政者から、国民を守るために、憲法を制定し、政府の勝手な行為を制限する装置が民主主義ではないかと思う。

中川昭一・現経済産業相、安倍晋三・現自民党幹事長代理がNHKの番組に内容が偏り、変更を求めた。

そしてその番組は変更した内容で放映した。

番組は00年12月に東京で市民団体が開いた「女性国際戦犯法廷」を素材に企画されたという。

「日本兵による強姦や慰安婦制度は『人道に対する罪』にあたり、天皇に責任がある」とした民衆法廷の結論部分が偏っていると判断されたのだろう。

歴史は立場や見方により、偏りになる。

日本兵による強姦は許されないことであるが、60年前のことを今の法廷で裁くことが果たして妥当なのか。

「人道に対する罪」なるものが、60年前に法源として、あったのか。

この法廷は、裁判所としての形を整えてはいるが、果たして法廷と呼べるのか、はなはだ疑問。

だが問題はそれではない。

NHKが検閲によって、政治的圧力で番組変更したこと。

放送の自律性を無視されたメディアは、民主主義の根幹を揺るがし、国民の権利侵害を招き、北朝鮮のような国になってしまう恐れがある。

総務省の聞き取りに、NHKは「番組は自主的な判断に基づいて編集」と言うが、信じる視聴者がいるだろうか。

右翼団体などがNHKに放送中止を求めて、政治家2人の圧力があったのが真相だと思っている。

だがメディアがこのまま政治的圧力の言われるままでは、実は右翼の思想、表現の自由だって脅かされない。

それにも気づいてほしい。
posted by 新聞批評 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

NHKの不祥事でアクセス急増

今は閉鎖されたメルマブログ「新聞批評」は、開設した当初、さほどのアクセス件数はありませんでした。

ところがNHKの不祥事があって、反NHKキャンペーンを展開してからアクセス件数が増えて、1日に700件程度にまで上りました。

その第一弾がこれです。

「NHKに思う」(2004年07月24日)

マスコミの情報量は膨大。

テレビから、新聞から、雑誌から、これでもかと情報が押し寄せてくる。

しかしマスコミ報道は、どれほど真実なのか。

またどれほど公正なのか。

そもそも必要な情報なのだろうか。

またマスコミは全てを報じているのだろうか。

タブーの存在があることを知らせることがタブーとなっているマスコミ。

特にテレビは免許事業。

政府の免許が必要となる。

これでテレビが政府を批判する番組報道ができるのだろうか。

NHKのチーフプロディーサーが番組制作費を着服。

現在分かっているだけで、80回、4800万円余りが不正支出されたという。

「紅白歌合戦」などの番組で、イベント企画会社に不正に支出。

それをキックバックさせていたというものだ。

NHKは国民から受信料を徴収して、それで運用される。

広告主に何一つ気兼ねすることがないNHK。

だからといって国民に気兼ねしているのだろうか。

受信料にあぐらをかいているだけのメディア帝国なの?

NHKの最高意思決定機関は経営委員会。

この経営委員会は衆参両院の同意を得た後、内閣総理大臣が任命する。

気兼ねするとしたら、政府?
posted by 新聞批評 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

「どなた様のNHK」なの?

「どなた様のNHK」なのかと思います。

2004年09月06日に公開したのは、朝日新聞社説04年9月5日「皆様のNHKに戻れ」について、です。

内容は次の通りです。

NHKが9月11日に謝罪番組を放送するという。

どんな内容か見てみたい。

7月に番組制作局のチーフプロデューサーが番組制作費4800万円を着服。

その後も編集局幹部のカラ出張、岡山放送局幹部の飲食費のごまかし。

次には、職員4人による総額970万円の公金着服。

うち1人は集金した受信料の着服だという。

NHKの受信料は、年間6700億円、収入の97%を占めるという。

何もしなくても入ってくるお金。

営業努力しなくても。

「どなた様のNHK」なの?

そろそろ自浄作用を効かせないと、まもなく放送担当の総務省が首を突っ込んでくるのでは。

そして恐い国会議員の先生方に睨まれて、NHK首脳が懇談会に呼びつけられたら、どうするの?

メディアに携わる者は自戒せねば。

・・後は省略しました。
posted by 新聞批評 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。